オーストラリアリーグで活躍している南野拓実がハットトリック+1アシストと大活躍し、10ゴール目を記録、2年連続の2ケタゴールを達成した。

[オーストリア・ブンデスリーガ] SVリート vs レッドブル・ザルツブルク ハイライト動画

Redbullsalzburg.at

【スコア】 SVリート 1-6 ザルツブルク

【得点者】 0-1 10分 ホナタン・ソリアーノ(ザルツブルク)
1-1 11分 マービン・エグホー(リート)
1-2 23分 南野拓実(ザルツブルク)
1-3 24分 南野拓実(ザルツブルク)
1-4 58分 南野拓実(ザルツブルク)
1-5 71分 ヨシプ・ラドシェヴィッチ(ザルツブルク)
1-6 81分 ファン・ヒチャン(PK)(ザルツブルク)

南野拓実が所属するザルツブルクとSVリートのオーストリア・ブンデスリーガ第22節が19日に行われた。南野は2試合ぶりの先発出場となりポジションは右MFで出場。

今節は3連敗中で残留争いをしているリートのホームに、前節首位に躍り出た5連勝中のザルツブルクが乗り込んだ。

 試合は開始10分、ゴール前のホナタン・ソリアーノが、相手DFのクリアボールをヘディングで先制点を決めた。好調な滑り出しのザルツブルクだったが、すぐさま11分にリートに右サイドでのFKから失点し、追いつかれる。

 それでもザルツブルクは23分、左サイドを駆け上がったアンドレアス・ウルマーがサイドチェンジし、南野がワントラップからフリーで右足でシュートし、追加点を獲得する。さらに南野は24分にも、左でキープしたヴァロン・ベリシャからの折り返しを左足ダイレクトで合わせ、決定的な追加点を決めた。前半はザルツブルクが3-1とリードして折り返す。

 後半開始すると前半の南野の勢いは止まらなかった。
 58分、相手クリアボールをエリア内左のソリアーノが頭で折り返す。ファーサイドでフリーだった南野が右足で合わせて、ハットトリックを達成。南野はこれで今シーズンのリーグ戦9点目。公式戦では10点目となり、2年連続で2ケタ得点を達成。

 その後、南野は71分にもヨシプ・ラドシェヴィッチの得点をアシスト。チームは80分に相手DFのファールによるPKをファン・ヒチャンが決め、6-1の大勝で6連勝を収めた。なお、南野はフル出場で4ゴールに絡む大活躍を見せた。

 日本代表に南野が招集される日も近いのではないだろうか。